ベイビーモーション

NOVARTIS

赤ちゃんの運動発達の過程を知っていれば、
成長の喜びがより大きく♪

赤ちゃんの運動発達の
過程を知っていれば、
成長の喜びがより大きく♪

赤ちゃんの時期は人の一生の中で
最も成長する時期と言われています。
「首がすわった」「寝返りできた」
「立っちした」など赤ちゃんの
「できた!」は
成長を確認できる貴重で
ドラマティックな瞬間です。

実は赤ちゃんの動き
(ベイビーモーション)や発達を
確認しながら、
産後太りや育児疲れを解消できる
エクササイズがあるって知っていましたか?
動画を見ながら家で
簡単にできちゃうんです。

赤ちゃんの月齢に合わせてくれているから、
親子でのコミュニケーションも
深まりますよ!
ぜひ試してみてください!

大好きな赤ちゃんのために。
ベイビーモーション(赤ちゃんの動き)に
注目する生活を始めましょう!

大好きな赤ちゃんのために。
ベイビーモーション
(赤ちゃんの動き)に注目
する生活を始めましょう!

赤ちゃんの貴重な成長を見逃さないためにはどうすればいいのか、専門家に聞きました。 お世話や触れ合いを通して小さな異変に気づけるように 赤ちゃんは、生まれてから1歳ごろまでに、以下の図のような過程を踏んで運動機能が発達していきます。貴重な成長を見逃さないためにも、赤ちゃんの運動発達の過程と、できるようになる時期の目安を知っておくのがおすすめです。
また、赤ちゃんはある日突然何かができるようになるのではなく、少しずつ成長を繰り返して、できることが増えていきます。毎日、赤ちゃんの動きに注目し、運動発達の状況を確認していくことは、成長の喜びを感じることだけでなく、赤ちゃんの小さな異変や変化にも気がつきやすくなります。お世話や触れ合いの中で、ぜひ赤ちゃんの運動発達に注目する習慣をつけてくださいね。

赤ちゃんの運動発達をチェックできる
「ベビママ体操」をチェック!

赤ちゃんの運動発達を
チェックできる
「ベビママ体操」を
チェック!

ベイビーモーションで注目したい赤ちゃんの様子は、どんなところなのか、どうやって発達のチェックをしたらいいのかは、ママだけではなかなかわかりづらいもの。そんなときは「ベビママ体操」をチェックして!
「ベビママ体操」は、産後フィットネストレーナー&小児専門医のコラボレーションにより開発された、産後のママと赤ちゃんのための新しい体操。産後太りや育児疲れの解消に役立つエクササイズをしながら、赤ちゃんの運動機能の発達をチェックできる体操プロブラムなんです。育児に忙しいママが取り入れやすい3つのポイントを紹介します!

POINT.1
1回5分のエクササイズプログラムで、毎日のちょっとした隙間時間でカンタンに楽しめる!
POINT.2
産前産後運動専門家フィットネストレーナーが考案&小児専門医による医学監修付きで安心!
POINT.3
体操を教えてくれるのは、元NHK「おかあさんといっしょ」身体表現のお姉さん、上原りさお姉さん!

上原りさ さん

2011年洗足学園音楽大学音楽学部 ミュージカルコースに入学(歌唱、バレエ、ジャズダンス、タップダンスなど学ぶ) 2014年3月卒業。 在学中の2012年からNHKの番組『おかあさんといっしょ』で『パント!』のおねえさん(5代目身体表現のおねえさん)を務める。 2019年3月をもって番組を卒業。在任期間は7年間。

マンガ「まるわかり☆ ベビママ体操の特徴」

マンガ「まるわかり☆
ベビママ体操の特徴」

「ベビママ体操」の特徴をマンガで
わかりやすく解説します。
赤ちゃんにもママにもいいこといっぱいです。

マンガで紹介した〈3〜5か月ごろ〉
「トントン、パー」の動画はこちら!
ほかにも月齢ごとの
体操があるので、ぜひ見てみて!
  • 〈1〜2か月〉手足バタバタ!
  • 〈6〜8か月〉ヒップアップップ
  • 〈9〜12か月〉きわめよ! 腹(フッ)キング

先生教えて!
こんなときは受診が必要? 運動発達の気がかり

先生教えて!
こんなときは受診が必要?
運動発達の気がかり

ベイビーモーションに注目して赤ちゃんの発達をチェックしてみると、いろいろ気になることも多いもの。特にママたちが気になる運動発達が遅めの場合について専門家に聞いてみました。

ママからの疑問
まわりの子と比べて運動発達が遅いと不安になることが……。 気にしすぎはよくないと思いますが、見守っていていいのでしょうか?
専門家の回答
なかには見落としてはいけない発達の遅れや異変があるのも事実。 心配なときは抱え込まずに受診しましょう。

気にしすぎはよくないと思っても、まわりの子よりも運動発達が遅めだったりすると、心配になりますよね。赤ちゃんはその子なりのペースで成長していますが、なかには見落としてはいけない発達の遅れや異変があるのも事実です。

運動発達過程の目安よりも遅い、赤ちゃんの動きを注目したときや「ベビママ体操」の運動発達チェックをしたときに、気になる点があるという場合など、少しでも不安を感じるときは、まずはかかりつけの病院を受診しましょう。ママが抱え込まずに、気軽に専門家に相談してくださいね。

まとめ

赤ちゃんの運動発達をチェックして、ドラマティックな成長を一つひとつかみしめて楽しみたいですよね。ベビママ体操は、ママが赤ちゃんと一緒にエクササイズを楽しみながら赤ちゃんの運動機能の発達をチェックできる新しい体操です! もし赤ちゃんの運動発達で気になることがあったら、発達の遅れや異変を見逃さないよう、かかりつけの病院に一度見てもらうと、ママも安心できるかもしれませんね。

監修/保田典子先生 小児科 | 高円寺こどもクリニック院長
2003年筑波大学医学部卒業、国立国際医療センター、大阪市立総合医療センター小児循環器内科勤務を経て、2014年東京女子医科大学大学院博士課程修了。東京衛生アドベンチスト病院小児科勤務を経て現職。小児科専門医。一般診療、小児循環器診療に加えて、漢方治療や発達相談にも対応している。3児の母。

ベビーカレンダー編集部制作

ベイビーモーションを楽しもう!
ベイビーモーションを
楽しもう!

  • 上原りさ さん
    齋藤 加代子 先生
    大塚ひとみ トレーナー
  • 赤ちゃんの運動発達をより楽しめるように、ベイビーモーションプロジェクトに関わっていただいた方々へインタビューしました。
    ぜひご覧ください。

ママと赤ちゃん、いっしょに楽しむ!
ベビママ体操
ママと赤ちゃん、
いっしょに楽しむ!
ベビママ体操

ベビママ体操は、産後のママと赤ちゃんのための新しい体操。
産後太りや育児疲れの解消に役立つエクササイズをしながら、赤ちゃんの運動機能の発達をチェックできるんです。 
赤ちゃんの成長と親子のコミュニケーションも楽しめるベビママ体操を毎日の習慣に!

赤ちゃんの運動発達で気になることがあったら

赤ちゃんの運動発達で
気になることがあったら

からだを動かすとき、筋肉の動きは
運動神経によって調節されています。
この運動神経が変化または消失していくことで、
筋肉の力が弱まり、
運動機能が障害される「脊髄性筋萎縮症(SMA)」
という病気があります。

  • 脊髄性筋萎縮症(SMA)について
    もっと詳しく知りたい方へ

    SMART EYES

    脊髄性筋萎縮症(SMA)のお子さんが
    早期に診断され、治療を受けるサポートとなる情報をご紹介

  • 脊髄性筋萎縮症(SMA)の
    相談が可能な病院を探す

    QLIFE

    進行性の疾患である脊髄性筋萎縮症(SMA)。
    早期発見と適切な治療が重要です。
    相談が可能な病院をご紹介しています。

このページをシェアする

トップへ