ベイビーモーション

NOVARTIS

齋藤加代子先生・
大塚ひとみ先生
インタビュー
(前編)ココが楽しい!「ベビママ体操」
赤ちゃんの発達と一緒に、ママも健康に!

「ベビママ体操」は、産後太りや
育児疲れの解消に役立つ
エクササイズをしながら、
赤ちゃんの運動機能の発達を
チェックできる新しい体操です。
「ベビママ体操」に
携わっていただいたのは、
産後のママさん&赤ちゃん向けの
教室も開いている
開発者の大塚ひとみ先生
(一般社団法人 日本母子健康運動協会 代表)と、
監修医の齋藤加代子先生
(東京女子医科大学 遺伝子医療センターゲノム診療科)
です。
そこで、2先生に「ベビママ体操」開発に
あたっての思いや楽しむポイントに
関するお話を頂戴しました。

  • 齋藤 加代子 先生

    齋藤 加代子 先生

    現職 東京女子医科大学病院 遺伝子医療センターゲノム診療科 特任教授
    専門分野 小児神経学、小児科学、遺伝医学
    1976年 東京女子医科大学医学部 卒業
    米国テネシー州立大学客員准教授、東京女子医科大学 小児科学教室教授などを経て2017年より現職
    小児神経専門医、小児科専門医
    など
  • 大塚ひとみ トレーナー

    大塚ひとみ トレーナー

    産前産後運動専門家 フィットネストレーナー / ピラティストレーナー
    指導歴29年
    これまでに1000人以上のインストラクターを育成
    のべ10,000人以上の妊産婦、産後ママに健康運動指導を行う

    一般社団法人 日本母子健康運動協会 代表
    公益財団法人 ジョイセフ I LADY.アクティビスト
    全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会 プログラムアドバイザー
  • ママさんの体の変化は大きい
    産後1年は徐々に体を
    戻していく時期

    齋藤先生 : 大塚先生は、ご自身の出産やインストラクターとしてのご経験から、産前産後のママさんの体をどのようにとらえていますか。
    大塚先生 : ママさんの体は妊娠したときから変わっていきますが、特に産後1年間はママさんの心身が大きく変化します。出産時に筋肉を損傷してしまうこともありますし、ホルモンバランスも妊娠~産後を通じて大きく変わります。
     産後すぐに前の状態に戻ることはできません。産後1年間は「リハビリ期」と位置付けて、少しずつ心身を戻していく、また産後の状態に慣れていくことが大切だと考えています。
    齋藤先生 : 「リハビリ期」の期間に合わせた体操が「ベビママ体操」なのですね。
  • ママさんと赤ちゃんが
    コミュニケーション
    をとれる「ベビママ体操」

    齋藤先生 : 「ベビママ体操」は親子で一緒に取り組めるところが素晴らしいですね。赤ちゃんも加わって、親子でコミュニケーションがとれます。
    大塚先生 : ママさんは赤ちゃんが寝ていたら集中してエクササイズできると思いますが、そのときはママさんだって休みたいと思います。
    齋藤先生 : 本当に、おっしゃる通り。
    大塚先生 : ですから、赤ちゃんが起きているとき、日常生活で楽しみながら運動ができると一番良いのではないでしょうか。実際、「ベビママ体操」のように一緒に行う運動は親子とも楽しそうです。ママさんだけで行うより、精神的にも良いと思います。
  • 産後1~3ヵ月は
    出産のダメージからの回復と
    体をほぐすことがポイント
    産後4ヵ月以降は
    体幹部→四肢→立位での運動

    齋藤先生 : 「ベビママ体操」を作るときには、どのようなことに気を付けましたか。
    大塚先生 : ママさんの回復に合わせて、少しずつ負荷を強くしています。
     産後1~3ヵ月(ベビママ体操#01-04、以下同)は寝た状態をはじめとして、重力の影響を強く受けない状態で運動できるよう工夫しています。加えて、授乳や抱っこをしていると同じ体勢を長く続けなければならず、血流が滞り、体もこわばってしまいがちです。ですから、筋肉をほぐすことからスタートできるようにしました。
     産後4ヵ月以降(#05以降)では、体幹部の筋肉を正しく使う運動から、四肢の運動と進み、最後(#16)は立った状態でのスクワットを採用しています(表)。
    齋藤先生 : 寝た状態から立った状態へ進むのは、赤ちゃんの発達と同じですね(表)。
  • 表 「ベビママ体操」 #01-16の流れ

    生後 1-2ヵ月 3-5ヵ月 6-8ヵ月 9-12ヵ月
    「ベビママ体操」ママさんの運動のねらい #01-04
    寝た状態、座った状態で体をほぐす
    #05-08
    体幹部の筋肉を正しく使う
    #09-12
    四肢を鍛える
    #13-16
    体幹部と四肢をさらに鍛えつつ立位での運動
    赤ちゃんの発達
    (一般的な例)
    本能で動く時期脳からの指令ではなく、無意識の動き(原始反射)が中心 徐々に脳からの指令で体が動くようになる(寝返りなど) 座ったり、つかんだりできるようになる 立てるようになり、早い子供では歩けるようになる
    生後 「ベビママ体操」ママさんの運動のねらい 赤ちゃんの発達
    (一般的な例)
    1-2ヵ月 #01-04
    寝た状態、座った状態で体をほぐす
    本能で動く時期脳からの指令ではなく、無意識の動き(原始反射)が中心
    3-5ヵ月 #05-08
    体幹部の筋肉を正しく使う
    徐々に脳からの指令で体が動くようになる(寝返りなど)
    6-8ヵ月 #09-12
    四肢を鍛える
    座ったり、つかんだりできるようになる
    9-12ヵ月 #13-16
    体幹部と四肢をさらに鍛えつつ立位での運動
    立てるようになり、早い子供では歩けるようになる
  • 楽しみながらできる
    運動発達チェック

    大塚先生 : 「ベビママ体操」の動画内にあり、齋藤先生が監修された運動発達チェックは「なるほど」と勉強になることが多かったです。
     例えば、「たかいたかい」が運動発達チェックになっています(#14)。赤ちゃんの体幹やバランス感覚を楽しみながら鍛える要素として取り入れたのですが、齋藤先生のご指導で、運動発達のチェックにもなることを知りました。
    齋藤先生 : 「たかいたかい」では赤ちゃんが不安定な姿勢になり、赤ちゃんは姿勢を正しい姿勢に戻そうとします(立ち直り反応)。手足が重力に抵抗して動いているか(重力に抵抗していないと手足がだらんと下がってしまう)、首の位置は問題ないか、といったこともチェックできます(図)。
  • 図 ベビママ体操 #14での運動発達チェック

  • 齋藤先生 : 逆に私にとって新鮮だったのは、ママさんが寝転がって赤ちゃんを上にする位置関係ですね(#14)。診察室で、下から赤ちゃんを見ることはありません。
     診察では赤ちゃんを泣かせないようにするのが一苦労なのですが、「ベビママ体操」なら親子で楽しく行えますよね。自然な流れの中で楽しんでチェックができるところがすばらしいと思います。
    大塚先生 : 赤ちゃんが泣くとママさんもあやすのに精一杯になってしまいますから、運動できませんよね。
     あと、「ベビママ体操」をするときは、赤ちゃんが体操をやりたがっているのかどうかをよく観察して、「これから一緒に、体操やろうね」と話しかけてあげてください。また、体操しているときに赤ちゃんの名前を呼んであげてほしいです。赤ちゃんに愛情が伝わると思います。
  • 「ベビママ体操」は
    安全を第一に
    ひとつひとつの動作に
    こだわって制作

    齋藤先生 : 打ち合わせや収録もとても楽しかったです。医療現場とは別の世界を垣間見た気がしました。上原りささんが人形を赤ちゃんらしく動かしてくれましたし、大塚先生の指導も適切でした。
    大塚先生 : 齋藤先生には、安全の大切さを教えていただきました。例えば、赤ちゃんの腕を少し引っ張って持ち上げる動作は、齋藤先生のご指摘で、頭に手を添えて行うことも加えました(#06)。また、赤ちゃんの頭を上げ下げする角度にもかなりこだわっています(#06)。
  • もちろん私の教室でも安全面に留意していますが、運動の現場でも気を付けるべきことを学びました。
    齋藤先生 : どうしても医師の目線で見てしまいますが、一般の方が参考にする動画で、全ての方々がプログラム通りにできないかもしれません。また、隠れている病気が見つかるかもしれません。そのような要素全体を考えながら監修しています。
  • 「ベビママ体操」で
    親子の楽しい毎日を
    気になることが出てきたら
    相談しよう

    大塚先生 : 「ベビママ体操」のおすすめポイントは、赤ちゃんの月齢、またママさんの産後に合わせた体操になっている点です(表)。
    齋藤先生 : 月齢に合わせて、赤ちゃんがもつ能力を引き出せる点が新しいですね。「ベビママ体操」を生活に取り入れることで、赤ちゃんとのふれあいを楽しみ、発達していく毎日を愛(いつく)しむことができると思います。
     「うちの子、動画のようにできない」というときは、無理をさせずに相談しましょう。病気が潜んでいることもあります。積極的に相談できる人を見つけておくことも重要だと思います。
    大塚先生 : もし病気などがあったとしても、そのお子さんなりの発達がみられるものです。「ベビママ体操」が物事をポジティブにとらえるきっかけになればうれしいです。

ママと赤ちゃん、いっしょに楽しむ!
ベビママ体操
ママと赤ちゃん、
いっしょに楽しむ!
ベビママ体操

ベビママ体操は、産後のママと赤ちゃんのための新しい体操。
産後太りや育児疲れの解消に役立つエクササイズをしながら、赤ちゃんの運動機能の発達をチェックできるんです。 
赤ちゃんの成長と親子のコミュニケーションも楽しめるベビママ体操を毎日の習慣に!

ベイビーモーションってなに?
ベイビーモーション
プロジェクトってなに?

ベイビーモーションについてしることで
もっと赤ちゃんの運動発達を楽しもう!

赤ちゃんの運動発達で気になることがあったら

赤ちゃんの運動発達で
気になることがあったら

からだを動かすとき、筋肉の動きは
運動神経によって調節されています。
この運動神経が変化または消失していくことで、
筋肉の力が弱まり、
運動機能が障害される「脊髄性筋萎縮症(SMA)」
という病気があります。

  • 脊髄性筋萎縮症(SMA)について
    もっと詳しく知りたい方へ

    SMART EYES

    脊髄性筋萎縮症(SMA)のお子さんが
    早期に診断され、治療を受けるサポートとなる情報をご紹介

  • 脊髄性筋萎縮症(SMA)の
    相談が可能な病院を探す

    QLIFE

    進行性の疾患である脊髄性筋萎縮症(SMA)。
    早期発見と適切な治療が重要です。
    相談が可能な病院をご紹介しています。

このページをシェアする

トップへ