ベイビーモーション

NOVARTIS

赤ちゃんの姿勢や動き(モーション)は、
どれをとってもかわいらしいものです。
「首がすわった」や
「座れるようになった」、
「つかまり立ちをした」などの
赤ちゃんの成長は
ママ・パパにとって記念すべき
嬉しい出来事ですよね。

それらの赤ちゃんのモーションは、
赤ちゃんの様々な部位の運動発達が
積み重なってこそ成立する
まさに奇跡の瞬間です。
赤ちゃんが今どのような発達段階に
あるかに着目しながら、赤ちゃんの
モーションを楽しんでみませんか。

ベイビーモーションを
学ぼう!
月齢別の記事は
こちらから

ベイビーモーションを学ぼう!
月齢別の記事はこちらから

「ベイビーモーションを学ぼう!」では、
赤ちゃん(1~12か月)のモーションに
注目して、赤ちゃんの発達の進み方と
その発達の楽しみ方をイラストなどで
紹介していきます。
  • 生後1〜2か月
  • 生後6〜8か月
  • 生後3〜5か月
  • 生後9〜12か月
  • 生後1〜2か月
  • 生後3〜5か月
  • 生後6〜8か月
  • 生後9〜12か月

1歳になるまでの赤ちゃんの
運動発達のめやすもご覧ください。

赤ちゃんの運動発達のめやす

発達の順序の“方向”がわかると、見守りも楽しくなる

発達の順序の“方向”がわかると、
見守りも楽しくなる

赤ちゃんの発達の順序には“方向”があります。
“方向”といってもピンと来ないかもしれませんが、下の図が分かりやすいと思います。
赤ちゃんの発達の“方向”は以下の3つで決まっています※1

このことを知っておくと、頭から順にどこまで成長してきたかわかるようになって、赤ちゃんの成長を見守ること
また、最初は刺激を受けて反射的に動く・運動する「反射運動」が多いのですが、
発達していくにつれて、自分の意思で体を動かす「随意運動」が増えていきます※1 ※1:舟島 なをみ,望月 美知代, 看護のための人間発達学 第5版, 医学書院, 2017.

  • 反射運動の例

    赤ちゃんの手を触ると、
    反射的に握りしめる反応
    赤ちゃんが口に入ったものに
    反射的に吸いつく動き
  • 随意運動の例

    赤ちゃんが自分の意思で
    手でおもちゃを握りしめる
    赤ちゃんが
    寝返りをする

ママと赤ちゃん、いっしょに楽しむ!
ベビママ体操
ママと赤ちゃん、
いっしょに楽しむ!
ベビママ体操

ベビママ体操は、産後のママと赤ちゃんのための新しい体操。
産後太りや育児疲れの解消に役立つエクササイズをしながら、赤ちゃんの運動機能の発達をチェックできるんです。 
赤ちゃんの成長と親子のコミュニケーションも楽しめるベビママ体操を毎日の習慣に!

赤ちゃんの運動発達で気になることがあったら

赤ちゃんの運動発達で
気になることがあったら

からだを動かすとき、筋肉の動きは
運動神経によって調節されています。
この運動神経が変化または消失していくことで、
筋肉の力が弱まり、
運動機能が障害される「脊髄性筋萎縮症(SMA)」
という病気があります。

  • 脊髄性筋萎縮症(SMA)について
    もっと詳しく知りたい方へ

    SMART EYES

    脊髄性筋萎縮症(SMA)のお子さんが
    早期に診断され、治療を受けるサポートとなる情報をご紹介

  • 脊髄性筋萎縮症(SMA)の
    相談が可能な病院を探す

    QLIFE

    進行性の疾患である脊髄性筋萎縮症(SMA)。
    早期発見と適切な治療が重要です。
    相談が可能な病院をご紹介しています。

このページをシェアする

トップへ