ベイビーモーション

NOVARTIS

生後6~8か月

体幹(腹筋や背筋、骨)が
しっかりしてきて
座れるようになる時期

生後6~8か月で最も目立つ運動の発達は、
体幹がしっかりしてくることです。
生後3~5か月のときには
やっとできていたことが、
いつの間にか普通にできるようになります。

寝返りが
上手にできる

寝返りができた当初は、ママからは「よいしょ」といった印象を受けるくらい、ぎこちない動きに見えます。
しかし、この時期になると寝返りを連続してするようになり、さらには寝返りをして目標物(例:おもちゃ)の近くまで動くこともできるようになります。
もし、7か月目以降も寝返りしないようでしたら、発達について医療機関に相談してみましょう。

ひとりでお座りして、
おもちゃをつかんで遊ぶことも

足を投げ出した状態で、ひとりでお座りができるようになります。これも、腹筋や背筋などが強くなった証拠です。
「ひとりでお座り」は、だいたい生後7か月でできるようになります。もし、8か月目以降までひとりで座れないときは、何らかの異常を疑ってみてください。
この頃の赤ちゃんは、親指・人差し指・中指が自由に使い始めます。手指も脳からの指令を聞けるように発達しているのです。
おもちゃに手を伸ばしてつかむ、という動きは、生後1~2か月頃にあらわれる手掌把握反射(生後1~2か月参照)ではなく、自らの意思でおもちゃをつかむようになります。

もののつかみ方の発達

  • 生後6~7か月頃※1

    手のひらの中心につかむものを入れて
    5本の指でつかむ

  • 生後8か月以降※1

    手のひらを使わなくても、
    親指・人差し指・中指でものをつかむ

※1 盛岡周:発達を学ぶ 人間発達学レクチャー, 協同医書出版社, 付録, 2015

ハイハイ、つかまり
立ち・つたい歩きが
見られることも

ハイハイ、つかまり立ち・
つたい歩きが見られることも

ママにとって、赤ちゃんが「発達した」と感じられるのは、ハイハイやつかまり立ち・つたい歩きではないでしょうか。体幹とともに四肢の力も強くなっていますので、早ければこの頃から始めます。

赤ちゃんの運動発達を記録しよう 赤ちゃんの運動発達を記録しよう

「赤ちゃんの動きをもっと知って、見て、楽しんでほしい」という思いを込めた
ベイビーモーションプロジェクトの
テーマソング。
赤ちゃんの運動発達に
注目してみてください。

「ベイビーモーションのうた」篇(フルバージョン)

「ベイビーモーションのうた」篇
(フルバージョン)

ママと赤ちゃん、いっしょに楽しむ!
ベビママ体操
ママと赤ちゃん、
いっしょに楽しむ!
ベビママ体操

ベビママ体操は、産後のママと赤ちゃんのための新しい体操。
産後太りや育児疲れの解消に役立つエクササイズをしながら、赤ちゃんの運動機能の発達をチェックできるんです。 
赤ちゃんの成長と親子のコミュニケーションも楽しめるベビママ体操を毎日の習慣に!

赤ちゃんの運動発達で気になることがあったら

赤ちゃんの運動発達で
気になることがあったら

からだを動かすとき、筋肉の動きは
運動神経によって調節されています。
この運動神経が変化または消失していくことで、
筋肉の力が弱まり、
運動機能が障害される「脊髄性筋萎縮症(SMA)」
という病気があります。

  • 脊髄性筋萎縮症(SMA)について
    もっと詳しく知りたい方へ

    SMART EYES

    脊髄性筋萎縮症(SMA)のお子さんが
    早期に診断され、治療を受けるサポートとなる情報をご紹介

  • 脊髄性筋萎縮症(SMA)の
    相談が可能な病院を探す

    QLIFE

    進行性の疾患である脊髄性筋萎縮症(SMA)。
    早期発見と適切な治療が重要です。
    相談が可能な病院をご紹介しています。

このページをシェアする

トップへ